仏教歳時記

仏教では、一年を通していろいろな行事があります。また、宗派によってそれぞれ違った行事を行っています。

teramachi_mame_0215.jpg

 

「ねはんえ」と読む。お釈迦様が亡くなった、いわゆる入滅の日に法要が行われる。


teramachi_mame_1208.jpg


「じょうどうえ」と読む。この日、お釈迦様が菩提樹の下で悟りを開いたとされ、これを記念して法要や行事が営まれる。


teramachi_mame_hanamaturi.jpg

 

teramachi_mame_0408.jpg

 

お釈迦様が生誕した日。これを祝福して、草花を飾った花御堂(はなみどう)を作り、お釈迦様の誕生仏に甘茶をかける。新発田仏教会では、5月の第2土曜日に開催される。


teramachi_mame_obon.jpg

 

teramachi_mame_08.jpg

 

正式には盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、祖先の霊を迎えて供養する。新発田では、アサガオを模したぼんぼりをお墓の前に立てて、ろうそくを灯すという風習がある。お盆の前になると、三之町通り・寺町通りで花市が開催される。

誰でも参加できる行事もあります。ブログでも紹介するのでチェックしてね。